2015年11月14日

産経市民の社会福祉賞受賞おめでとうございます!

とよたかです。

11月3日は、淀川河川公園で、ふれあいマラソン。とれぶりんかの
カフェ等でお会いする皆さんとお会いし、音楽部の方のすてきな歌も
聞かせていただいて、とても楽しかったです。

その時に、「明日とれぶりんかのことが、産経新聞に載ります」と
言っておられたことが気になってて、図書館に新聞見に行こうと
思いながら果たせず。

今日ネットを見てみたら、載っていました!

http://www.sankei.com/west/news/151103/wst1511030069-n1.html

産経市民の社会福祉省を受賞したのですね。

全国で推薦された団体の中から3団体が受賞したのですね、
すばらしいです!

25日に授賞式だと書いてありました。またそんな様子も教えてくださいませ。

すてきな活動、息子も共に参加させていただいて、勇気をいただいています。
これからも皆さまどうぞよろしくお願いします。
posted by とれぶりんか at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

週末は、メセナひらかたで「ウィル・フェスタ2015」へ!

とよたかです。さわやかな秋の日が続きますね。

さて、本日7日土曜日、8日日曜日は、メセナひらかた会館で
ウィル・フェスタ2015が開催されます。

7日は午前10時からと午後2時から、映画「白雪姫と鏡の女王」
が上映、8日は午前10時から枚方の民話の人形劇上映、
また午後1時半からは、スペシャルジャズコンサートがあります。
いずれも無料です。たぶん残席ありです。

また、2階ロビーでは、市民参画の展示があり、五行歌の作品、
LIP編集局/とれぶりんか、学校図書館を考える会の「学校図書で
何をする?」、しまもとCAPのCAP紹介、エッセイ作品や、海外旅行
の風景、墨画の作品展示等。

五行歌ミニ歌会では、ミニ歌集を作りました。頁数16頁とミニサイズ、
12人のメンバーの「力作」を手にとってみてやってください。そして
よかったら、お持ち帰りくださいね。投稿コーナーも設けております
ので、ぜひ一首、「今日の気持ち」を五行に書いていってくださいませ。

また、以前レストランがあったところでは、夕づるカフェで、コーヒー、
紅茶や、ケーキなど、11時〜午後3時くつろいでいただけます。いろんな
団体のチラシや冊子なども置いて、自由に閲覧してもらえるように
する予定です。

7日正午〜午後2時までは、太極拳、8日午後2時〜4時は、CAP
大人向けワークショップ、同じく2時〜4時は、絵本の広場とミニ工作
が行われます。

お近くの方、ぜひお寄りくださいませ。あ、とよたかは、7日土曜日
会場にいる予定です。見かけたら、声をかけてやってください(^o^)
posted by とれぶりんか at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月23日

11月15日(日)メセナ枚方で「災害時を考える」森松明希子さんの講座

とよたかです。朝夕しっかり冷え込んできましたが、皆さま
いかがお過ごしでしょう?

さて、標題の件、枚方市男女共同参画の社会づくり支援講座
として、以下のようなタイトルで、原発賠償関西訴訟原告団代表・
森松明希子さんにお話をいただく予定です。

これまでお話を聞く機会がなかった方、ぜひお越しください。

災害時、そしてその後、わたしはいったいどう行動するのか?
このテーマを、自分に引き寄せて、ぜひ一緒に考えてみてください!

情報拡散希望です。どうぞよろしくお願いいたします。

===========================
   「災害があった時、あなたはどうする、どう生きる?」

災害にあった時、あなたは何をいちばん大切に考えて行動しますか?

家族と共に、あるいは一人で、災害後の生活をどうつくり直していきますか?

東日本大震災時の東京電力福島第一原子力発電所事故で被災し、子どもと共に

関西に自主避難した森松明希子さんに、被災時からの体験を語ってもらい、

「災害時の私」を考えましょう。

日  時: 2015年11月15日(日) 午後1時30分 〜3時30分

場  所: メセナひらかた会館 4階 研修室

講  師: 森松 明希子 さん(原発賠償関西訴訟原告団代表、
        東日本大震災避難者の会Thanks&Dream 代表、
         『母子避難、心の軌跡』(かもがわ出版)著者)

参 加 費: 無料 定  員: 30人(申込先着)

企画実施: 放課後クラブ「チャレンジ・キッズ」

そ の 他: 保育 無料(申込は11月11日まで。生後6か月以上の未就学児。申込先着6人)
       手話通訳・要約筆記・デジタル補聴システム 無料(申込は11月3日まで。
       デジタル補聴システムは申込先着4人)

申  込: 11月2日 午前9時半より受付。
申 込 先: 特定非営利活動法人 ひらかた市民活動支援センター
電話: 072-805-3537 ファクス: 072-805-3532 Eメール: info@hirakatanpo-c.net

以上です。
posted by とれぶりんか at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

講演 「子どもの貧困」 −地続きにあるシングルマザーの貧困− 【8月29日(土)メセナひらかた会館】

とよたかです。

もう一つ、今月末土曜日、メセナひらかたで開催の講演のご案内です。

===================================
講演 「子どもの貧困」 −地続きにあるシングルマザーの貧困−
  日 時: 8月29日(土)午後1時30分〜3時 (午後1時開場)
  会 場: メセナひらかた会館 6階 大会議室
  講 師: 徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループCPAO 代表)
  参加費:無料
   定員: 100人
  保育:無料(申込は8月17日まで。生後6ヶ月以上の未就学児。
        申込先着6人)
  申込・問合先:特定非営利活動法人 ひらかた市民活動支援センター
   申込方法: 電話・ファクス・Eメールで、お名前・住所・年齢・電話番号・        
         講座名を下記まで。
         電話: 072-805-3537 ファクス: 072-805-3532
         Eメール: info@hirakatanpo-c.net
===================================

大阪市内で、農園付きの建物で、子どもたちのために炊き出し等
支援を行っている、とてもエネルギッシュな女性のお話です。

詳細は添付のチラシをご覧ください。ただいま申し込み受付中です。

お時間の合う方、ぜひお話を聞きに行ってください。お薦めです。

チラシ表面.pdf

チラシ裏面.pdf
posted by とれぶりんか at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

淀屋橋で、21日からさくらいともかさんの個展

とよたかです。

お盆を過ぎて少し暑さがしのぎやすくなってきましたね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、LIP昨年9月号に掲載の「街ゼミ」カフェでお話しくださった、
さくらいともかさんが、淀屋橋の画廊で、個展をされるそうです。
       ↓ (LIPの記事はこちら)
http://love-dugong.net/lip/201409/LIP110-201409-all-004.html

ちょうど1年ほど前に、カフェで語り合ったお話の内容は、身近なことが
すぐさま自分のいる国の政にかかわり、自分たちの生活や生がそれに
影響されていくのだということ、怖いほど鮮明によく分かり、ドキドキ
しながら耳を傾け発言したのでした。

イラストも、内にひそめた深いメッセージと共に、大変魅力的です。
お近くに行かれることがあれば、ぜひ寄って見てくださいませ〜。

在廊日もリンク先に書いてあるので、行ってお会いされた方はぜひ
いろいろお話されてみたら、面白いかも。お姿は、イラストで描いてある
感じでわかりますね。

私は21日火曜日午後に行ってみようかと思っています。さくらいさんは、
その日は在廊ではないそうですが(-.-)

================================
『淀屋橋・芝川ビルにちりばめられた小さな物語』開催 】
8月21日(金)〜8月30日(日)の期間 MoleGalleryにて
文筆作家・画筆作家 櫻井伴香(さくらいともか)さんによる
イラストレーション展示
『淀屋橋・芝川ビルにちりばめられた小さな物語』
を開催致します。

児童文学などの分野で活動なさる櫻井さんが
新たに描きおこした、小さなイラストレーションと
短い文章をならべた
「ワンカットシーンイラストレーション」
という作品群の展示会となります。

作家公開のイベントページはこちら。
https://www.facebook.com/events/1604118719843181/

MoleのHP内、MoleGalleryのページにて
展示概要や作家の経歴などを掲載しております。
http://mole-and-hosoicoffees.com/sakuraitomoka-onecutillus…/

●○●○●展示会詳細●○●○●
ーーーーーーーーーーーーーー
期 間:8月21日(金)〜 8月30日(日)
時 間:平日11:00-21:00/土・日9:00-19:00
入 場:入場無料
ーーーーーーーーーーーーーー

今回の展示ではMoleGalleryでのメイン展示のほか、
芝川ビル内の一部店舗などにもイラストが展示され、
タイトルどおり芝川ビルにちりばめられた物語を
鑑賞することができます。

MoleGalleryという一風変わった地階のギャラリーと
芝川ビルそのものの独特な雰囲気に魅力を感じ、
「日常において絵は美術館のような整った鑑賞環境だけでなく、
様々な場所で、様々なものに囲まれて飾られている」
という思いから、ビル全体を使った展示会になったそうです。

訥々として、かわいらしい
しかし時折ハッとするような小さい気づきを
もたらしてくれる素敵なイラストレーションがご覧になれます。

是非、Moleでの喫茶がてら、どなた様もお気軽に
MoleGalleryへお立ち寄りください。

以上です。
posted by とれぶりんか at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

7月19日イベント

お久しぶりです。井村です。
今週末の日曜日のイベントのお知らせです。

【とれぶりんか ギャラリーライブ】

☆7月19日(日)
☆ラポール枚方4階大研修室

小林稔さんや田尻リエさん他イラスト部のステキな作品と共に
音楽部のライブ、しゃべり場を予定しています。

・開場 11:00〜
・カフェ 11:00〜
ドリンク100円、お菓子各100円

・ライブ 13:00〜 
・オープニング 
・コカリナ  
・Riico
  ・Si-to
   (音楽部)

・しゃべり場 16:00〜

・畑部「つちのこ」によるハーブティー(自家製)の販売もあります。

ぜひお越し下さい。
posted by とれぶりんか at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月09日

土日のイベントお知らせ

とよたかです。連休は皆さまいかがお過ごしだったでしょうか。

連休明けの土日も、枚方周辺でいろいろイベント開かれます。

9日土曜日は、枚方・百済フェスティバル。岡東中央公園で
記念式典、ステージや模擬店など楽しい催しがいっぱいです。

http://www.city.hirakata.osaka.jp/uploaded/attachment/64577.pdf

10:15〜11時までは、百済王神社から、イズミヤの前を通り、
岡東中央公園まで、古代百済の衣装をまとった少年少女壮年男女、
そして、打楽器の演奏隊がパレードします。

10日日曜日は、五六市と、約半年ぶりに河川公園で、ひらヨガが
開催されます。.三矢交差点から土手を斜めにおりたあたりで、
9:30〜1:20開催です。運営協力金100円〜ご参加いただけます
とのこと。日差しが強そうなので、日焼け防止をしっかりして、飲み物
ご持参でお越しくださいね。

また、交野市駅から徒歩数分の青年の家では、10日まで、
「関西への避難者たちの声」展示をしています。

■日 時  5月5日(火・休)〜10日(日) 午前10時〜午後4時半
■会 場  交野市青年の家ロビー(京阪交野線交野市駅から東へ徒歩約5分)
■主催者および連絡先 「Thanks & Dream」サポーターズ 09045692685(藤岡)
■参加費用   無料
「 東日本大震災避難者の会 Thanks & Dream 」が、福島県などから
関西へ避難している方々の生の声を集めておられます。それをお借りし、
交野市の「青年の家」ロビーで展示させていただく企画です。
多くの方のご来場をお待ちしています。

お時間のある方ぜひ行って見てくださいね。
posted by とれぶりんか at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

映画「圧殺の海」上映+監督トーク

先ほどお伝えしたシンポジウムと同日の午後ですが、
沖縄・辺野古を追った映画の上映会と監督のお話が
弁天町であります。

===============================
「圧殺の海」映画上映会+監督トーク

日 時:5月31日(日)13時15分〜(受付13時〜)

場 所:HRCビル5階ホール(大阪市港区波除4-1-37
  JR環状線「弁天町」北口、地下鉄中央線「弁天町」駅4番出口より
  北東へ700m(徒歩10分)

参加費:前売り1000円/当日一般1300円/個人正会員1000円

★前売り券は、子ども情報研究センター事務所で販売しています。

★18歳以下・介助者は無料

対 象:どなたでも。子どもと一緒の参加も歓迎

定 員:130人(先着順)/一時保育(1人500円・要予約)

問合せ・申込み: 公益法人子ども情報研究センター
     TEL 06-4708-7087/FAX 06-4394-8501

以上
posted by とれぶりんか at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原発事故後の放射線健康影響問題を考える、科学史学会年会シンポジウム(一般公開)のご案内

とよたかです。

LIP4月号にちょっと書きました、科学史学会年会シンポジウム、
今年は5月31日(日)に、大阪市大で開催されます。
昨年コーディネーターを務めた、藤岡毅さんから、一般参加歓迎
ですので時間があいている方は、ぜひご参加ください、とのことです。

詳細は以下のとおりです。

=================================

第62回日本科学史学会年会シンポジウム(一般公開)
「原発事故後の放射線健康影響問題 〜福島県での小児甲状腺がん多発と
チェルノブイリの歴史的教訓〜 」
日時:2015年5月31日(日)14時半〜17時
場所:大阪市立大学・杉本キャンパス内・学術情報総合センター1階(D会場)
http://historyofscience.jp/wp-content/uploads/2015/04/2015osaka_campusmap.pdf
シンポのみ参加の場合、資料代500円(当日、1階の学会受付にて徴収)
<シンポ開催趣旨>
 2011年東日本大震災に伴う東京電力福島第一原子力発電所事故後、福島県が始めた県民健康調査における甲状腺検査によって小児甲状腺がんが多発していることが見えてきた。ところが、放射線の影響については、各種の委員会などに集う専門家たちから「放射線の影響とは考えにくい」などといった否定的な見解がいまだ表明され続けている。このような放射線被曝の影響についての論争的状況、また被災者に対する支援のあり方についてなど、どのように考え、対応したらよいのか、喫緊の課題となっている。
 本シンポジウムは、このたびの原発震災をめぐって公表されている甲状腺がんや線量評価に関するデータについて批判的に吟味し、そして小児甲状腺がんにとどまらない、さまざまな健康影響をめぐるチェルノブイリ原発事故後の歴史的経験をふまえて、この論争的現状の意味を科学史・科学論的に考察、議論する。
 まずはじめに、コーディネーターから問題の現況の確認と歴史的視野からの導入を行なったうえで、4名のパネリストの講演、2名のコメンテーターからのコメント、最後にフロアーからの質問やコメントも受ける予定である。
<シンポジウム・プログラム>
14:30 コーディネーター 柿原泰(東京海洋大学)
     趣旨説明イントロダクション
14:45 吉田由布子(「チェルノブイリ被害調査・救援」女性ネットワーク)
    「チェルノブイリ原発事故による健康影響を巡る29年の歴史を概観する」
15:10 山内知也(神戸大学)
    「東京電力福島第一原発事故後に福島県内で多発している小児甲状腺がんの特徴」
15:35 瀬川嘉之(高木学校)
      「UNSCEAR2013 年報告書の評価について〜子どもに対する甲状腺吸収線量評価を中心に〜」
16:00 藤岡毅(同志社大学)
    「被害の実相を直視しない線量至上主義は、現代版ルイセンコ主義である」
16:25 コメント 塚原 東吾(神戸大学)/瀬戸口 明久(京都大学)
16:45〜17:00 総合討論

以上です。
posted by とれぶりんか at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

翻訳冊子『輝かしいインクルーシブ教育の実例』発行しました

4月新年度、皆さまいかがお過ごしでしょうか。おかげさまで
我が家の下の子は高校生になりました。張り切って登校しています。

さて、標題の件ですが、3月末に、放課後クラブ「チャレンジ・キッズ」
では、社会福祉協議会のボランティア活動助成金を得て、英国の
インクルーシブ教育のすばらしい実践例をまとめた冊子の日本語版
『輝けるインクルーシブ教育の実例〜可能性のスナップショット〜』
(原題: Snapshots of Possibility - Shining Examples of Inclusive
Education、Alliance for Inclusive Educatio発行)を発行しました。

これは、2年前に翻訳発行した、若い障害者のリーダー育成についての
調査と提言をまとめた『変化を起こせ』(原題:Pushing for Chantge、
Alliance for Inclusive Education発行)と同じ団体の発行した冊子を
翻訳したものです。

また、インターネット上でも、見ていただけます。
   ↓
http://love-dugong.net/c-k/e-Snapshots_of_Poosibility.pdf
http://love-dugong.net/c-k/

紙の冊子は白黒ですが、インターネット版はカラーで、子どもたちの
豊かな表情がいきいきと伝わってきます。印刷すれば、カラーの冊子が
手に入るというわけ。A4の紙で両面印刷すると28枚になります。

障害を持つ子どもだけではなく、いじめに対しての取り組み、異なる階級や
少数民族が住まう地域の学校での多文化多民族融合の試み、マッサージ

プログラムの導入、保護者を学校に呼び込む試みなど、感動的な実践例が
いくつも紹介されています。

ぜひ一度見てみてください!

それと、もう一つ。インクルーシブ教育の実践例といえば、大阪、枚方では
半世紀も前から、脈々と行われ、今もなお受け継がれているということを、
改めて感じました。

遠くに行かなくても、今自分たちの目の前にある、ごくふつうの実践例が
いっぱいあることをうれしく思います。
posted by とれぶりんか at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

3月29日とれぶりんかバリアフリーコンサート

井村です。

コンサートのお知らせです(^_^)

奥山汐里ちゃんは、チホコの夜間高校の同級生で、
通常4年のところを3年で卒業し、4月から東京へ歌の勉強に行きます!

さよならコンサートになるので、お時間ある方は、
ぜひ、お越し下さい。

----------------------

奥山汐里ワンマンライブ
  with とれぶりんか音楽部の仲間たち

『はじまりのうた』
〜いま、出発(たびだち)の時〜

2015年3月29日(日)
ラポールひらかた 4階 大研修室

[開場]15:00  
[開演]15:30

大人 ¥1,000  
学生(高校生以上)¥500
中学生以下 無料

障害者手帳をご持参、また提示(申告?)していただいた方は
¥500で入場していただけます。


問い合先:代表(中川)090-4289-5317
       FAX 072-826-3552
posted by とれぶりんか at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

RE 15日(日)は、メセナひらかたで、愛ラブにんげんフェスタ!

とよたかです。

先ほどお伝えした、15日の愛ラブにんげんフェスタ! のご案内、明日6日と7日、FMひらかた「みんなのNPOサロン」で放送されます。

放送は、2月7日(土)午前9時30分〜10時及び2月8日(日)午後10時〜10時30分(再放送)。

77.9MHzで、電波が弱いのですが、カーステレオならきれいに聞けるそうです。

また、サイマルラジオで、「近畿」二行目右端の「FMひらかた」の「映像+音声」「音声」のいずれかを、上記放送日時にクリックしていただければ、全国どこでも視聴可能です。

http://www.simulradio.info/

先ほどは書き忘れましたが、ドイツのボードゲームもいくつか用意されていて、お子さんだけでも、親子ででも、一日楽しく遊ぶことができます。

2月15日日曜日は、メセナひらかた会館へ。「愛ラブにんげんフェスタ!」に、ぜひお越しくださいね!
posted by とれぶりんか at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15日(日)は、メセナひらかたで、愛ラブにんげんフェスタ!

とよたかです。

来週15日(日)は、メセナひらかた会館で、枚方市男女共同参画の社会づくり支援講座として、 10時半から、「愛ラブにんげんフェスタ!」が開催されます。

10時半〜正午は、「ホームレスを生み出さない」ために活動を続ける、24歳の川口加奈さん(NPO法人 Homedoor 代表)の講演会「私が14歳でホームレス問題に出会い、19歳で起業した理由」。
参加費は無料、6階大会議室です。

若者の生き方としてのお話も聞けて、若い方や中学生高校生にもぜひ聞いていただきたい内容です。会場で、ビッグイシューや書籍の販売も行うそうです。

また、午後1時〜3時は、子育て講座「子育てで迷った時、どう考える〜子どもの希望、親の考え、そして現実との間で〜」。講師は、講師:石打澄枝さん(元小・中学校教員 子ども家庭サポーター)。
参加費無料、場所は講演会と同じ、6階大会議室です。

午後3時半〜16:15は、とれぶりんかの登場です。
ハンセン病の問題を取り上げて、絵と芝居と音楽のコラボレーションで楽しむ、朗読劇「ツルとタケシ」。同じく6階大会議室で、参加費無料です。

また、正午から、大会議室の後ろでは、カフェコーナー開催。
絵本や、手しごと(材料費要)、ボードゲーム体験等もりだくさんの企画です。

4階の和室や、3階第一会議室では、ヨガ、交流分析入門、手縫い布ナプキンづくりの講習も開催されます。

時間等、詳しくは、こちらをご参照ください。

http://hirakatanpo-c.net/info/info-926

参加申込は、特定非営利活動法人ひらかた市民活動支援センター
まで。電話:072-805-3537  ファクス:072-805-3532
Eメール:info@hirakatanpo-c.netで、 お名前、連絡先、講座名を
お知らせください。

午前中の講演会は、大阪市内でレンタルハブチャリ等の事業を行なっている、元気な若い女性のお話。地元枚方で聞けるのはとってもお得な機会です。また、午後は各講座もですが、絵本や手しごとをしながらのカフェは、ほっこりくつろげる雰囲気です。

のんびりしたい方、どっか行ってみたい方、おうちで暖房費を節約するためにも(!?)ぜひお越しください。お弁当やパン持ちで会場で食べるのもOKみたいです。
posted by とれぶりんか at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

18日は、被災地支援交流会

井村です。

1月18日(日)のお知らせです。


阪神淡路大震災から20年
“震災を風化させてはいけない”想いをつなぐ交流会
           〜神戸・大阪・東北をつなぐ


《場所》
 ラポール3階  第一研修室  13時半〜17時

《内容》
13:30  開場
14:00  オープニング 
  とれぶりんか音楽部(奥山汐里(寝屋川定時制3年)ライブ)

14:20  第一部  
   スペシャルゲスト“ピータンハウスさんを長田より招いて”
   (陶芸を中心とした障害者の就労施設。あの日、オープン予定で
    あったのに被災。苦節20年の取り組みと想いから学ぶ)

      第二部
   リレートーク
   (関西外大、摂南大、寝屋川高、他)



以上、どうぞよろしくお願いします。
posted by とれぶりんか at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明日は、どんと祭り〜18日は、被災地支援交流会

井村です。

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

★明日ですが、
イズミヤ枚方店裏手の天津橋付近の河川敷で、
「天の川とんどまつり」が行われます。

ステージは、りーこちゃん、汐里さんの予定。
他、とれぶりんかでは、コーヒーコーナーをする予定です。

時間は、10時〜午後3時頃。

よかったら、お越し下さいね。


それから、以下も予定しておいてください。

★18日(日) 被災地支援交流会

ラポール3階 第一研修室 13時半〜17時

posted by とれぶりんか at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

明日収穫祭です(^_^)

井村です。

寒くなりましたが、風邪など引いてませんか?

明日、畑部主催の収穫祭があるそうです。

12月21日(日)

☆10時〜11時30分 枚方畑
収穫体験

☆13時〜16時、ラポール2階 日常生活訓練室
調理(鍋・ポテトサラダ)

高校生以上 300円、
中学生以下・ヘルパ- 無料

上記以外に詳細については、畑部の速水くん又はバルタン又に
直接聞いてね♪

是非、来てください♪
とのことでーす(^_^)
posted by とれぶりんか at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

9月28日『みんなの学校』75分バージョンが全国放送

井村です。

大阪市立大空小学校を取材した
『みんなの学校』というドキュメンタリーで、75分バージョンが
めちゃくちゃいいんです!

文化庁芸術祭賞を受賞されてるんですが、
今回、NHKの『ザ・ベストテレビ2014』で、全国放送されることになりました。
何度か、深夜に45分バージョンが放送されていたんですが、
75分バージョンは、一度だけだったと思います。

45分バージョンと75分バージョンでは、印象が違います。
75分バージョンが、やっぱりいいです!
今回は、75分バージョンなんです。

また、プロデューサーの真鍋さんもスタジオにゲスト出演されるようです。
でも、この真鍋さんの思いも、とってもステキなのです。
大阪の『共に〜』の教育のよさを、どうやったら、全国へ、何も知らない人たちへ
伝えていけるだろうか?と、とてもよく考えられ、丁寧に制作されています。
ぜひ、ご覧ください。


★『みんなの学校』は、
9月28日の午後12時頃の放送予定です。


--------------------------------

ザ・ベストテレビ2014  「第一部」「第二部」
BSプレミアム  9月28日(日)午後0:00〜4:30、29日(月)午後0:00〜4:15

《番組詳細》

この1年間、国内の代表的な6つのテレビ番組コンクールで最高賞を
受賞したドキュメンタリー番組を、NHKと民放の垣根を越えて2日にわたり放送する。


第1部
 ▽文化庁芸術祭賞 ▽民放連賞 ▽放送文化基金賞
9月28日(日)午後0:00〜4:30

▽午後0:03ごろ〜文化庁芸術祭賞「みんなの学校」(関西テレビ)

▽午後1:27ごろ〜民放連賞テレビ教養番組
「キ・ボ・ウ〜全村避難 福島県飯舘村二年の記録」(福島テレビ)

▽午後2:22ごろ〜民放連賞テレビ報道番組「ヒロシマの山
〜葬られた内部被ばく調査」(中国放送)

▽午後3:23ごろ〜放送文化基金賞「ETV特集 三池を抱きしめる女たち
〜戦後最大の炭鉱事故から50年」(NHK)


第2部 ▽“地方の時代”映像祭賞 ▽ATP賞
9月29日(月)午後0:00〜4:15

▽午後0:04ごろ〜“地方の時代”映像祭賞「死の棘(とげ)
〜じん肺と闘い続ける医師〜」(静岡放送)

▽午後0:57ごろ〜ギャラクシー賞優秀賞・選奨ダイジェスト

▽午後1:04ごろ〜ATP賞「零戦〜搭乗員たちが見つめた太平洋戦争〜前編」
(NHK/NHKエンタープライズ/かわうそ商会)▽午後2:35ごろ
〜ATP賞「零戦〜搭乗員たちが見つめた太平洋戦争〜後編」

【ゲスト】森達也,古市憲寿,真鍋俊永,鈴木知加子,藤原大介,
熊谷博子,鈴木宏典,大島隆之,【キャスター】三宅民夫,高橋さとみ
----------------------------
posted by とれぶりんか at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

明日14日、歌とダンスとお話のイベントです。

井村です。
--------------------------------
なさっちが数年振りに素敵な仲間とイベントやりまーす
どうかどうか1人でも多くの方に来て欲しいチャリティーイベントです。
皆さんご協力よろしくお願いします。
【Three peace スリーピース】
大切なヒューマンライト(人権)のためのステージ〜
日時 2014年9月14日(日)
開場 12:30  開演 13:00
場所 甲子園ホール(甲子園駅前ダイエー内3F)
兵庫県西宮市甲子園高潮町3-3 
入場料 大人2000円 小学生以下1500円
(入場料の一部をふっこう支援活動に使わせていただきます)
出演
奈佐 誠司
古市 佳央
さあな
プログラム
A. 心のバリアフリータイム
  奈佐誠司による講演とリトルラブのダンス(普段の講演会とは違うダンスにお話を予定しています。)
(13:00〜13:50)
B. 心のハグ&ミュージックタイム  
さあな率いるスマイリングワールドによる歌とダンス
(13:50〜14:30)
休憩 15分
C. 心のヒューマンライトタイム  
古市佳央による講演とストーリーオペラ
(14:45〜15:55)
プロ車いすダンサー
元アジアチャンピオン
元劇団四季 女優
歌手・ダンサー・講演家
全国講師オーディション2013
グランプリ受賞 講演家
詳しくはこちらを見てね。
http://threepeace.wix.com/site
…………………………
なさっち
オフィシャルHP〓
http://nasa.myeki.net/
…………………………
【車いすのダンサー】
著者 奈佐誠司
PHP研究所より発売中で〜す(^^)v
posted by とれぶりんか at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

今年はしゃぼん玉遊びが受けて、たくさん依頼が来てます。

わたなべです。
先週、ファミリーポートでしゃぼん玉講師をしてきたのですが、
ブログにその様子が載ってました。

http://blog.livedoor.jp/familyport/archives/1008023010.html

http://blog.livedoor.jp/familyport/archives/1008025001.html

今年はしゃぼん玉遊びが受けて、たくさん依頼が来てます。

オープンな場では、9月と10月の枚方宿くらわんか五六市(ゴロクイチ)でもしゃぼん
玉をやることになりました。
 9月14日(日)は三矢公園、10月12日(日)は淀川河川公園です。
 いずれも11時〜13時ごろ。
 よかったら遊びに来てください。
 手伝ってくれる人も大歓迎♪
 新技もいろいろ考えてます。
posted by とれぶりんか at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「サマーフェスタINまきの」で演舞する子ども達

おはようございます。みんみん@わかばやしです。
今日・明日の2日間、牧野商店街で行われるまつり
「サマーフェスタINまきの」が開催されます。
この2日間の見どころ(みんみんのおすすめ)は「ダイナミック琉球」という曲が
あり2日間とも演舞されます。
本日30日は、私の教え子の「平野キジムナー」がエイサーバージョン(ダンスとのコラボもあるかも…)
明日31日は、肝高倶楽部の子ども達のダンスバージョンです。
是非、見比べて下さいね。
ちなみに今日の「平野キジムナー」と一緒に演舞するのは「月桃の花」歌舞団(私の所属するエイサー隊)
が一緒で、三線を弾かれるのが「枚方三線愛好会」の方です。
生の三線と唄が聴けますので是非、観にきて下さいね。(演舞開始時間:18:30〜:トップワールド前特設ステージ)
演舞する曲は…
・ダイナミック琉球
・島唄(生三線)
・沖縄の民謡(あさどやユンタ・唐船ドーイなど・・・)

皆さん、子ども達の演舞、観に来て下さいね。
みんみん@わかばやしでした。
posted by とれぶりんか at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

7/21 イベントのお知らせ

井村です。

社福すばる福祉会さんからの案内です。
以下、よかったら、どうぞ〜(^_^)

---------------------------------

http://shoumonren-hyogo.jp/?p=875

福祉講演会 「いきとしいけるもの花に逢はん」
〜ハンセン病患者・回復者として生きて、福祉の原点を語る〜

とき:7月21日(月・祭)午後1時〜4時

ところ:西宮市役所東館8階

参加費:1000円
(研修会共:1800円)

講演:作家 伊波敏男さん

(沖縄出身 乳児期にハンセン病に感染 中学生で療養所入所
岡山の療養所で高校生活 東京で専門学校卒業 東京コロニー就職
元社会福祉法人東京コロニー常務理事)


人間社会は恥ずべき歴史を持っています。
ハンセン病の患者・回復者を差別・迫害してきました。
かつて「らい病撲滅運動」があり、患者は警察の手によって強制的に
摘発され、貨車に詰め込まれ各地の療養所に収容されました。
極めて弱い伝染力しかない病原体で特効薬も開発されていましたが、
強制隔離の根拠法の「らい予防法」は1996年まで存在しました。

差別と迫害を受けた人生を歩んだ伊波さんは、その苛酷な人生を
押しつぶされることなく当たり前の人として生き抜きました。
厳し過ぎる人生でしたが、伊波さんに共感する人との出会いによって
見事な生き方を創造されました。社会福祉のリーダーとして、
福祉現場の先頭に立ちました。出会ったそれぞれの人は、
伊波さんにとって、心を癒す花でした。伊波さんは、
その人生において誰をも恨まず、ひたすら差別・迫害に立ち向かいました。
そして今、伊波さんは、著作で訴える一方で、講演やテレビ出演で
語り続けています。伊波さんは静かに聴衆に語りかけます。
過去に心を傷つけた差別・迫害への激しい憤りは胸の奥に秘め、
やさしく淡々と語ります。
その真摯な語り口は、聴く者に一層の共感を呼び起こします。
ハンセン病回復者のみが語りえる心の訴えをぜひお聞きください。


主催:共に生きる連絡会

連絡先:社福すばる福祉会 пF0798−53−0122

後援:西宮市 西宮市教育委員会 NHK厚生文化事業団 朝日新聞厚生文化事業団



※同日には「共に生きる・交流 研修会」も開催されます。

午前10:00〜 西宮市総合福祉センター多目的ホールで開会、その後分科会

--------------

以上です。
posted by とれぶりんか at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

日曜日は『枚方ふれあいフェスティバル』があります!

井村です。

お知らせでーす(*^^*)

--------------

弟35回
〜障害者と健常者の交流の場〜
枚方ふれあいフェスティバル
〜みんないっしょに輝こう!〜

■日時
2014年6月1日(日)
午前10時〜午後4時

■場所
枚方市民会館大ホール
岡東中央公園一帯

◇主催
枚方ふれあいフェスティバル実行委員会
TEL(072)813-7781/FAX(072)813-7782
枚方市社会福祉協議会
TEL(072)844-2443/FAX(072)845-1897

-------------

とれぶりんかでは、
・スーパーボウルすくい
・当てもの

ステージでは、二胡演奏の木場孝志さん、神銅アキさん、
奥山しおりちゃんが出演されます!

市民会館第3第4展示場では、イラスト部などが
ステキな絵を展示しているので、ぜひ見に来てくださいね!

で、私のガラスアクセサリーも販売してるかも〜?
見つけたら、値切ってくれてもOKです!(^_^)

以上、よろしくお願いします。
posted by とれぶりんか at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

13日(日)とっておきの音楽祭、市駅周辺三つのステージで開催

とよたかです。桜満開、そして今日の風で花吹雪、
美しい季節ですが、いかがお過ごしですか。

さて、来週のイベントのお知らせです。

音楽のチカラで心のバリアーフリーをめざそうと、
13日日曜日枚方市駅周辺で「とっておきの音楽祭
in ひらかた」が開かれます。

丘東中央公園、さんぷら座前、スターバックスコーヒー
北口店内(ラポール側)の三つのステージで、障がいを
持つ方々や、一般の方、アーティストの方たちが音楽を
奏でるそうです。

http://totteoki-hirakata.com/
(とっておきの音楽祭inひらかたホームページ)
http://love-dugong.net/lip/201404/LIP105-201404-all-003.html
(↑LIP4月号でも紹介しています)

もともと仙台ではじまった音楽祭、そのドキュメンタリー映画を
見て、「枚方でもやりたい!」と思ったお母さんの思いから、
今回の音楽祭が実現しました。

ぜひみにいってみてください〜♪ 一緒に踊ったりして〜♪♪

======================
「とっておきの音楽祭inひらかた」概要
■2014年4月13日(日) ※雨天決行
 オープニング10:00〜(にぎわい広場ステージ)
■岡東中央公園にぎわい広場ステージ
 さんぷら座前ステージ
  スターバックスコーヒー枚方市駅北口店ステージ
■ストリート演奏 10:10〜15:30
■フィナーレ 16:00〜16:20(予定)

以上です。
posted by とれぶりんか at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

桜祭りでぽん菓子します。

田邉です。

4月5日土曜日(雨天時は翌日)に、枚方市駅近くのイズミヤ裏の淀川河川敷で10〜15時まで桜祭りがあります。

ぽん菓子屋さんも久し振りに出ます。

2年連続で雨天中止になり、出てくれる店もすくなくて、今も募集中な位ですので、今年は成功してほしいです。エアトランポリンや、アートバルーン、野点もあります。

ぽんは自分たちで体験もできます。

ぜひお立ち寄りください。
posted by とれぶりんか at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

3月1日障害者差別解消法とインクルーシブ教育についてのシンポジウム

とよたかです。

今週末の催しのお知らせです。障害者差別解消法と障害児教育について、
本音でたのしい内容が期待できます。聞きに行くつもりだったのに、
保護者の立場で私も発言させていただけることになりました。
ドキドキです。

==============================
子ども情報研究センター障害児の生活と共育を考える部会
&公教育計画学会インクルーシブ教育部会 合同シンポジウム

「障害者差別解消法とインクルーシブ教育」

2013年6月、障害者の悲願であった「障害者差別解消法」が
紆余曲折を経て成立しました。しかし、その内容は私たちが
求めていた差別禁止法とは程遠く、即実行性があるものでは
ありません。それでもこの法律は、差別を禁止する法律がほしい、この社会を変えたい、という当事者の思いのもと成立した法律です。

私たちは、この法律を学び、魂を入れ、活用しなければなりません。
そのために私たちは何をすべきで、何ができるのでしょうか。

一緒に考え、アイディアを出し、運動につなげていきましょう。

日 時:3月1日(土)13時30分〜16時45分

場 所:HRCビル(愛称:AIAIおおさか) 4階研修室

スケジュール
・13時30分 開会挨拶
  講演「障害者差別解消法を活かすために」:一木 玲子(筑波技術大学)
・15時
 シンポジウム 「障害者差別解消法を活かすために」
コーディネーター:堀 正嗣(子ども情報研究センター、熊本学園大学)
パネラー:杉田宏(三重、NPO法人ステップワン):障害当事者の立場から
     豊高明枝(枚方市、放課後クラブ「チャレンジ・キッズ」):保護者の立場から
     松森俊尚(元・寝屋川市小学校教員):教員の立場から
一木玲子(筑波技術大学):研究者の立場から
・16時30分〜16時45分
まとめとアピール:堀 智晴(常磐会学園大学)
……………  ………………  ………………  ……………  ……………

主 催:子ども情報研究センター/公教育計画学会インクルーシブ教育部会
連絡先:子ども情報研究センター事務局
TEL06-4708-7087/FAX06−4394−8501/メールyamazaki@kojoken.jp
〒552-0001 大阪市港区波除4-1-37 HRCビル5階

以上です。
posted by とれぶりんか at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月18日

1月19日(日)

井村です。

1月19日(日) に
神戸市長田区にある『くららベーカリーさん』との交流会を行います。

《大震災から私たちが学んだこと》
〜神戸、東北・・・被災地と大阪を結ぶ交流会〜

会場:寝屋川市民会館 第3多目的室
開場:13:30
開演:14:00〜

内容:
・東京テレビが取り上げたドキュメンタリー40分程の上映
・震災と障害者をテーマとして、講演&交流会

主催&問い合わせ
みんなでつくる学校とれぶりんか
090-4289-5317(中川)

ご興味ある方は、どなたでもお越し下さい。
posted by とれぶりんか at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月04日

昨日の読売新聞にとれぶりんかのことが…

井村です。

12月にとれぶカフェに取材がありました。
昨日の読売新聞朝刊に、その時の記事を載せてくれていますので
ご紹介します♪
カフェについての記事というよりも、
とれぶりんかの記事でもあり、バルタンについての記事ですね。
いい内容です。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/feature/osaka1388497239125_02/news/20140102-OYT8T00732.htm


<2>生徒救うバルタン先生 自己解決の力引き出す

その先生はバルタンと呼ばれている。愛用のサングラスをかけた姿が
「ウルトラマン」に登場するバルタン星人に似ているからとの説がある。
が、本当の由来は定かではない。

 「ふぉふぉふぉ」。先生はおどけてバルタン星人の物まねをする。
もうすぐ還暦だが、照れずにやる。生徒たちはあきれて「変な先生」
というが、その言葉に、ちょっと誇らしげなニュアンスがにじんでいる。

 枚方市のフリースクール「みんなでつくる学校とれぶりんか」
で代表を務める中川雄二さん(59)。学校や社会に溶け込めない
若者たちと向き合って、30年になる。

 多くの若者が救われてきた。加藤優香さん(27)もその1人だ。
7年前、薬物の過剰摂取で、高校の後輩が亡くなった。
「力になりたかったのに何もできなかった」と自分を責め、
家に引きこもった。そんな自分を「だめだ」と追い込んだ。
やけになった。

 そんなときバルタンが怒った。

 「今の自分を認めろ」

 相手がどんな状態だろうと否定しない。それがバルタンだ。
常識や形を押しつけない。もがく若者には「だめじゃないよ」
と言葉をかける。「たとえ時間がかかっても、人には自分で
解決できる力が備わっている」と信じるからだ。

 加藤さんは「バルタンには『自分の弱さを認めるところから始めよう』
と言われた気がした。あの言葉で楽になった」と振り返る。
加藤さんはその後、スクールの活動に携わりながら力を蓄え、
一昨年、人気アイドルグループAKB48のメンバーが出演する
映画「バトルソクラテス」の主題歌を歌って歌手デビューを果たした。

 中川さんにも、社会と折り合いがつかない時期があった。

 高校を卒業後、進学も就職もしなかった。親に反発し、
家出を繰り返した。金もなく、腹をすかせて入ったたこ焼き屋の
おばちゃんが、みすぼらしい姿を見て言った。「お金はいらんよ」。
どん底の自分に手をさしのべてくれる他人がいた。「立場の弱い人
のために生きよう」と思った。

 29歳で市立中の英語教師になった。すぐに「生きづらさを抱える
生徒の居場所を」と校内サークルを作った。不登校や知的障害の生徒らと
一緒に課題に向き合った。生徒は卒業してもバルタンに会いに来た。
教職との両立が難しくなり、47歳で退職、2003年に退職金を
はたいてスクールを作った。

 スクールでは福祉会館を借りてカフェを開いたり、劇団を作って
公演をしたり。環境保護やスポーツ活動……。現在、様々な事情を
抱えた子供から大人まで約100人が10を超える活動を通じ、
社会とつながっている。

 中川さんは「人とかかわっていると、自分の役割がわかってくる。
その中で自信も生まれる」と語る。

 活動は認められ、府から優れた人権活動団体に贈られる賞を
受けるようにもなった。それでも中川さんは相変わらず生徒たちに
「バルタン」と呼ばれている。

 「ウルトラマンみたいな完璧なヒーローだったら、みんなついて
来られないでしょ。だから、僕はバルタンでいいんです」

 生徒が自力で殻を破り、旅立つ様子をずっと見守ってきた。道半ばの
生徒もいるが、支えていれば、いつか輝くことができる。大事なのは
あきらめないことだ。

 「ふぉふぉふぉ」

 十八番の物まねの向こうに、希望を宿した幾つもの笑顔が
並んでいる。(梶多恵子)


◆つながることで乗り越えられる


 人間は個人では難しくても、人と人が信じ合い、つながることで、
多くの問題を解決できます。たとえ個人の生存中にかなわなくても、
意志が受け継がれることで、いつかは必ず乗り越えられると思っています。

 「信」は「人」に「言う」と書きますが、言葉のやりとりだけでは
信頼は芽生えません。一緒に活動をともにし、寛容の心を持って許し合う中で、
初めて「信」の思いが湧くと思います。

 フリースクール「とれぶりんか」は、教育者のヤヌシュ・コルチャックが
子供たちと運命をともにした強制収容所の名にちなんでいます。ここでは、
個人の悲しみや至らなさに加え、差別や偏見といった大きな問題についても、
みんなで克服しようとしています。

 今後は世代を超えた交流をしながら、防災など社会の様々な問題についても
取り組める学校にしていきたいと思っています。

(2014年1月3日 読売新聞)
posted by とれぶりんか at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月30日

【とれぶりんかバリアフリーコンサート】のお知らせ

【とれぶりんかバリアフリーコンサート】
ニューヨークより マリンバ奏者 三村未佳さんを迎えて

■場所:枚方市立総合福祉会館 ラポールひらかた
■日時:2014年1月5日(日) 14:45開場 15:00開演
■主催:みんなでつくる学校 とれぶりんか
■参加費:1000円

詳しくは↓こちらを。
http://love-dugong.net/treblinka/140105concert.jpg
posted by とれぶりんか at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月06日

今週末は、ウィル・フェスタ

とよたかです。

メセナひらかた会館恒例のおまつり、ウィル・フェスタが、今週末7日8日行われます。

会館事業の音楽コンサートや映画と共に、市民参加の展示が、会館2階のロビーで、7日土曜日12時〜17時 8日日曜日10時〜16時で行われます。

カフェもあり、いろんな展示があります。地元密着型情報紙LIPととれぶりんか出版部、五行歌ひらかたミニ歌会、エッセイサークル文文、CAPなど、展示と、ワークショップ。お近くをお通りの折にはぜひお寄りください。

五行歌無料体験講座は、7日土曜日午後2時半〜4時までの予定で、とてもいい資料を用意しています。今のところ、参加者ゼロです。

当日飛び入り参加大歓迎! お待ちしています。
ぜひお越しください〜。
posted by とれぶりんか at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

『とれぶ祭りサーキット』〜第二弾〜

井村です。

先日のは、ギリギリのお知らせで、すみません。
今月21日に、第二弾をされるそうです。

〜〜『とれぶ祭りサーキット』〜第二弾〜〜

・12月21日(土) 午後7時〜9時
・場所:ラポール4階大研修室
・参加費:1000円(親子は割引あるみたいな…)
・主催:とれぶりんか音楽部
  (音楽部の主な出演者は、CHECK DoLL、木塲 孝志、AYA1000RR 順不同)

★ぜひクリスマスな装いでお越し下さい。

前回の内容は、
イラスト部は、マンガコーナーを設けて、
カフェ&ティーンズで、カフェを用意。
CHECK DoLLのSi−to君のカメラ撮影あり。
ペットボトルボウリングを行ったり、
木塲さんによる 二胡の体験教室が行われました。

もちろん、コンサートはあります。

以上、かなり楽しいです(^-^)
私は、二胡の体験させていただきました。
目の前で楽器見ることも初めての経験でしたが、
演奏(音鳴ら)させてもらって、かなり嬉しかったです(^O^)

皆様もよかったら、ドシドシ参加ください。

合わせて、今月のカフェもクリスマスイベントになるみたいです。
今月のカフェは、13日の金曜日だそうです。
posted by とれぶりんか at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする