2009年10月03日

国際交流部よりお知らせ

こんにちは、小森です。

「国際交流部カンパ箱」に集まった2035円を
今日「カンボジア子どもの家」に送りました。

ご協力ありがとうございました!

それと、日本にある「カンボジア子どもの家」事務所から
栗本英世さんが書かれた「慈悲魔」という本と
ニュースレター、DVDが届きました。

ぜひみなさんにみてもらいたいので、
適当に回覧?しますね♪

ニュースレターには去年出会った子どもたちが登場するので、
ふうは読んでいておもしろいかったです。
posted by とれぶりんか at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

国際交流部よりお知らせ

おはようございます、小森です。

いつもお祭りやイベントで設置していた
「カンボジア子どもの家」への募金箱。

先週、集まった募金2317円を「カンボジア
子どもの家」へ送りました。

ご協力ありがとうございました!
1ヵ月100円で子どもが学校に通えることを
考えたら、貴重な2千円です。

追伸
代表の栗本英世さんから「ありがとう」のハガキを
いただきました。
posted by とれぶりんか at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

カンボジア子どもの家 報告会

こんばんは、小森です。

9月上旬に訪れた「カンボジア子どもの家」。
その報告会を開催します♪
お話をするのは、ふう、まさる、有信さんです。
ゆうまくんはどうやろう??

みなさんぜひおこしください。

☆以下、転送大歓迎です☆

「カンボジア子どもの家」ツアー報告会+雑貨販売♪
日時:11月16日(日)14時から16時
13時〜14時までコカリナ演奏があります♪

場所:はんじょうや(香里園駅徒歩3分)
報告会・雑貨の展示販売・その場で焙煎するコーヒーも
あります。

お待ちしています♪
posted by とれぶりんか at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

カンボジア子どもの家より

こんばんは、小森です(^_^)v

カンボジア子どもの家の栗本さんからポストカードが届きました。
カンボジアの女の子のポストカードの写メを添付します。かわいい笑顔の下にこんな説明がありました。「退院祝いのワンポーズ!半年後、エイズにより永眠する。」


080725_2334~01.jpg

栗本さんのメッセージは「支援金受け取りました。継続支援、心から感謝いたします。
学校に来ることができないこども達の就学支援金として使わせていただきます。」

とありました。


ふうは早く現地に行って、日本では見れない「カンボジア」を肌で見てきたいなあ。
posted by とれぶりんか at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

国際交流部よりお知らせ

こんにちは☆小森です。

以前、売っていたカンボジアの雑貨は
ほとんど売れました。
ありがとうございました〜。

売り上げと募金8045円は「カンボジア子どもの家」に
送りました。

今栗本さんがカンボジアで行っている支援内容を送ってくれました。

=============================================================
『カンボジアこどもの家』からのお願い・・・

孤児の支援活動 ・・・ 現在30名の孤児をお預かりしています。
孤児に必要な支援は孤児院では無く『家庭』・・・孤児を孤児院に入れますと村には戻れなくなってしまいます。孤児院では朝・昼・夕食があり・水道・シャワー・トイレ・新鮮な水が有ります。また生涯『孤児』としのレッテルを貼られて過ごすことになります。カンボジアの孤児が今まで生活していた村で孤児の親族・おじいちゃん・おばあちゃん、叔父さん叔母さんを捜し養育をお願いしています。

教育支援活動 ・・・ 現在小学校18校・中学校1校・幼稚園6校・生徒数7,000名
1970年〜1999年 30年間の内戦で教育システムが崩壊しています。世界中から支援の手を差し伸べられていますが都市部に集中しており田舎には学校も先生も居ない地域が多く80%の地域では今でも学校がありません。校舎があっても先生はいません。学校の無い村人達への支援活動として識字教育をはじめ寺子屋を開設しています。

仕事支援活動・・・
2007年10月から始まった仕事技術学校、学校で学んでも卒業した後、学校に来なかったこども達と同じ仕事しかありません。家族が病に倒れれば、たちまち生活費に困窮します。自立するためには仕事を作り出す以外の方法はありません。

『衣・食・住足りて礼節を知る』日本の諺のごとく、支援に頼らずカンボジア人自らが立ち上がって援助に頼らず自分達で仕事が出来なければ支援活動は終りません。

『カンボジアこどもの家』からのお願い。
@カンボジア活動地や日本でのボランティア活動していただける人大募集!
A現地で職業指導をしてくださる人を募集いたします。
B日本での技術研修・農業研修・語学研修青年の研修受け入れを求めています。

今のカンボジアの貧しさは東南アジアで一番苦しい状態です1日1ドル以下での生活学校を卒業しても仕事が無い東南アジア一番発生率が多い HIV・エイズ の広がり、病気になっても病院には行けません。その他・幼児売春(8歳〜12歳)人身売買・児童労働・臓器移植・これ等の問題を解決するためにはお金や物をあげることでは解決しません。
『お金や物』を作り出す「力・知恵・知識・技術・ノウハウ」が必要です。
日本全国何処へでも喜んで説明にお伺いいたします・・・ご連絡ください。
2008年5月10日
『カンボジアこどもの家』 栗本 英世
=============================================================

で、やっとふうは9月にカンボジア子どもの家に行くことに
しました〜♪

一緒に行きたいって方がおられたら一緒に行きましょー☆
ついでにツアーのチラシも添付します。

cambodia [1]...pdf
posted by とれぶりんか at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

ふうの夢の第一歩〜雑貨屋さん〜

小森です。昨日「カンボジア子どもの家」を現地の人と一緒につくった栗本さんのところへ行ってきました。

栗本さんはカンボジアの人々の自立に向けて頑張っておられます。栗本さんすごいなあと思うのが、決してカンボジアの人々に自分の価値観を押し付けず、現地の人の意思を尊重しながら、さにげなく支援しているところ。
わたしもカンボジア子どもの家に行きたいのですが、体調と金銭的にきびしいので、カンボジアの人々がつくったフェアトレードの雑貨を販売することにしました。

名付けて「ふうの気まぐれ出張雑貨屋さん」←体調次第なので気まぐれ。

この雑貨の売り上げは「カンボジア子どもの家」の先生のお給料にあてられます。とれぶりんかのイベントで販売したいなあと思っているので、見かけたら手にとって見てみて下さい。めちゃかわいいですょ♪

とれぶりんか以外でも販売したいと思っているので、声かけて下さい♪

080114_1648~01.jpg

posted by とれぶりんか at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

国際交流部よりお知らせ〜アフガン支援〜

小森です。

以前、アフガニスタン難民支援のため、
パキスタンに行った桐生さんに、
とれぶりんか国際交流部からカンパをしました。

桐生さんよりそのお礼と報告会のお知らせが
届きましたので転送します。

*****
アフガン難民支援でご協力いただきありがとう
ございました。
遅くなりましたが報告会をします。少し遠いので
申し訳ないのですが、お越しくだされたら
大変うれしく存じます。

◇アフガン難民は今 RAWAの活動を通して◇
2007.7.20(金)19時から21時
場所:東大阪市民会館 1階会議室
(近鉄奈良線永和駅下車すぐ)

参加費:500円

最近、アフガンの首都カブールにて日本人がテロに
巻き込まれて負傷するという事件がありました。
テレビや新聞を注意して見ていると、
アフガンの状況がますます悪くなっていることに
気がつきます。
そして、アフガン難民の状況も悪くなっています。
今回のスタディーツアーで見てきたことをみなさんに
お伝えし、アフガン難民のことをともに考える機会に
したいと思います。
ぜひご参加ください。

主催:RAWAと連帯する会・関西
連絡先:rawa-jp@hotmail.co.jp

****
ここまで。
posted by とれぶりんか at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

友達からの手紙

こんばんは、小森です。
4年前ピースボートでスリランカに行ったときに、
友達になった人から手紙が届きました。
わたしの下手な英語で、
帰ってきてからずっと文通していたのでした。

旧正月なので、「Happy New Year」という
ポストカードと一緒に手紙が。
そこには「今、内戦で、仕事に行くのが危険。」
ということが書かれていてびっくりしました。

友達がこうやって内戦でおびえながら生活しないといけない状況にあるなんて。
新聞やテレビではあまり世界の小さな紛争を取り上げることはないけど、この家族のような生活をしている人が世界にどれだけいるのだろう。

単純に平和がいいなあ。
って思うのと同時に、同じ地球にいる私には何ができるやろう。
そんなことを考えさせられた1枚の手紙でした。

いつか会いに行こうと考えているふうでした。
posted by とれぶりんか at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

平和国際交流部より

今日は平和国際交流部の小森です。(笑)

もう4年前?になるのですが、私はピースボートに乗って、「発展途上国」っていわれてる国で貧しいながらも、笑顔いっぱいで、たくましく生きてる人に出会って、交流して、「何かしてあげたい」と思っていたことになんか違和感を感じました。
私はやっぱり、生まれたところで、自分のできることをしたい。
日本で暮らしながらも、世界の人やち、子どもたちとつながりをもっていたい。
そんなことを思いました。
で、3年前に始めたのがフリマ。みなさんに協力してもらって、いらなくなった物や服を集めて販売。
1年目はその収益を劣化ウラン弾の影響による白血病に苦しむ子どもたちへ薬を届ける活動に取り組んでいる「アラブの子どもとなかよくする会」に寄付。

2年目のフリマの収益は平和国際交流部へ寄付。といっても、結局私の南京に行く旅費の一部に。

3年目は「カンボジア子どもの家」とのつながりができました♪
寄付っていう一方通行の関係じゃなくて、カンボジアの子どもたちと交流したいっていう夢があるので、これからは「カンボジア子どもの家」への支援、
交流をしていきたいと思っています。
3年目の収益は「カンボジア子どもの家」に行きたいっていう若者への旅費にしたいと思っているのですが、カンボジアに行くとなると高額なので、貯蓄中。

で、まだフリマの品物が小森家に残っているのですが、家の事情が変わって、保管が難しくなってきました。
しかも、フリマをするのは整理や処理などが大変。
そこで、みなさんにもらった衣類は古着屋さんで買い取ってもらおうかと思っています。
小物類は考え中です。

何か意見があったらメール下さい♪
みなさんが提供してくれたものなので♪
なければ、整理して古着屋さんにもっていこうと思います。もちろん、古着屋さんで買い取ってもらったお金は「カンボジア子どもの家」に送ります。

で、私はいつか「カンボジア子どもの家」に行きます(笑)
あ、もちろん私は実費で(笑)

ということで、めずらしく平和国際交流部より連絡でした。
posted by とれぶりんか at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

映画「ダーウィンの悪夢」

わたなべです。

わたしのお勧め映画「ダーウィンの悪夢」です。

とれぶ国際交流部や環境部的なお勧め映画かな。
フェアトレードの対極にある現実です。

ソウルフラワーの中川敬さんも取り上げていました。
http://www.breast.co.jp/cgi-bin/soulflower/nakagawa/cinema/cineji.pl?phase=view&id=171_darwins


梅田ガーデンシネマ http://www.gardencinema.jp/umeda/
京都みなみ会館 http://www.rcsmovie.co.jp/
でやるようです。
もっと他の映画館でもやってほしい。。。

わたしもここんところ、働き過ぎの日本人を演じていたので(?)
映画見に行きたい。

こちらの投稿も転載しておきます。
-------------------- 転載ここから --------------------
Subject: [AML 11402] 行きは武器、帰りは白身魚を積んで
----

 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 「衝撃の事実」という陳腐な宣伝文句は聞き飽きましたが、このドキュメンタリー映画は違います。掛け値なしに衝撃的です。なぜなら、白身魚という当たり前の食材が、悲劇を生み出し続けているからです。
 
 ある中年のロシア人パイロットが沈んだ顔で話します。
 
 「アンゴラへ戦車のような物を運んだことがある。それを下ろした後、南アフリカへ飛んで、ブドウを積んでヨーロッパへ帰った。アンゴラの子どもたちはクリスマスプレゼントに自動小銃をもらい、ヨーロッパの子どもたちはブドウをもらうというわけだ。
 私は世界中のこどもたちの幸福を望んでいる。だが、実際にやっていることは・・・。私はどうすればいいんだ?」
 
 行きは武器を積んで、帰りはブドウを積んで帰ったことがある、と告白したそのロシア人パイロットは、また、アフリカ東部のタンザニアからヨーロッパへ週一回冷凍白身魚を輸送する貨物機を操縦しています。行きはカラだ、と最初は言っていた彼は最後に、武器を積んでいたと告白します。
 
 映画「ダーウィンの悪夢」
 http://www.darwin-movie.jp/
 
 その白身魚とは、1960年代、タンザニア、ケニア。ウガンダにまたがる巨大な湖ビクトリア湖に放流され、在来種の魚を食い尽くしたナイルパーチの切り身です。最大2メートルになるナイルパーチは、安価で健康に良い食材としてヨーロッパや日本に大量に輸出され、タンザニアの貴重な収入源になっています。
そして、一部の有産階級に富を、大部分の漁民や労動者に貧困を、子どもたちや女性たちにエイズと飢餓、性暴力、薬物中毒をもたらしています。そして大量の武器ももたらしています。
 
  東京や福岡などで上映が始まっています。2月から3月にかけて全国で順次上映されます。
  
 まず見てください。ナレーションは一切ありません。最小限度のテロップと、証言のみで、白身魚がもたらしている環境破壊と暴力、貧困を描いています。
 
 私が「もう耐えられない!」と思った場面があります。
 
 ナイルパーチは、EU基準を合格した清潔な工場で加工され、冷凍されて出
荷されます。その切り身を取ったあとの残骸は捨てられます。その残骸を、地元住民が食べます。
 
 私はタイやブリのあらをよく食べます。値段が安くおいしいからです。もちろんあらとはいっても、きちんと洗浄され冷蔵されてパックに詰められたものです。
 
 しかし、この映画に出るナイルパーチのあらは違います。水洗いされることなく、蠅がたかり蛆虫がわいている腐りかけたあらです。そのあらを一夜干ししたあと油で揚げたり、ゆでたりして地元住民が食べています。日本では豚のエサにしかならない腐ったあらを食べるのは、これしか買うことができないからです。
日本やヨーロッパでは安価なナイルパーチの切り身は、地元住民には高価すぎて手が出せません。それほど貧しく、飢えています。虫一匹いない清潔な加工工場と、蛆虫がはいずり回るナイルパーチのあらの対比は、今までないおぞましさを感じました。それを知らずに、「また白身魚のフライか!もう飽きた!」と文句を言う私の姿もまたおぞましいと思いました。
 
 白身魚と武器の組み合わせのこの映画は必見です。
 
-------------------- 転載ここまで --------------------

では(^^)/♪
posted by とれぶりんか at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月04日

東アジアユースキャンプに参加してきました

小森です。
今日のカフェは大盛況でしたねぇ。
音楽部がこんなに来てくれたのは初めてで
楽しかったです。
私は2日から2泊3日で、東アジアユースキャンプというのに
参加してきました。
ほんとに感動したので、忘れないうちに投稿します♪

このキャンプでは「会おう!顔を見て話そう!」をキーワードに
中国、朝鮮半島、日本の若者、3、40人が集まって交流しました。
中国人留学生でもモンゴルや朝鮮族の学生、朝鮮学校で育った
在日韓国人や日本の学校で育った在日韓国人など、ほんとに
いろんな方が参加してました。
内容はそれぞれの国の料理ショーやディスカッション、
運動会やキャンプファイヤーなど、盛りだくさん。

その中で何が一番感動したかというと、参加したみんなで
「どうやったら中国、朝鮮、日本が仲良くなれるやろう?」
「どうやったら平和な世界をつくれるやろう?」と真剣に話し合うことができたこと。
みなさんに聞いてほしかったくらい、
いろんな意見が出ておもしろかったですよー☆
あ、キャンプファイアーではイムジン川をみんなで歌いました。
やっぱり、こうやって交流するって大切やなあと感じました。
これが平和への第一歩♪

在日の人と話をして、北朝鮮への歪んだイメージもまた変わったし、
「在日として何ができるか、在日だからできることって何やろう?」
と話している姿がとっても印象的でした。

この「東アジアユースキャンプ」の代表をしてた原くんが今月27日の
ホームルームに来てくれるので、お楽しみに♪

ちゃっかりとれぶりんかとLIPの紹介をして帰ってきましたょ♪

ではでは〜。
                          ふう
posted by とれぶりんか at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

国際交流部より報告です♪

小森です。
3月19日のホームルームとふれあいフェスティバルで
「カンボジア子どもの家」の募金箱を設置させてもらいました。

そこで集まった3249円をNGOモニティーに
送らせてもらいました。

100円でひとりの子どもが1ヶ月学校に通えます。
カンボジアの就学率は30%。
一人でも多くの子どもが学校に通えることを願って。
posted by とれぶりんか at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月24日

フェアトレード展のお知らせ

小森です。
私が所属してる龍大のサークル「JIT」のお知らせです。
昨日から日曜日までの6日間、京都の堺町画廊さんで
フェアトレード展をしています。

グローバルビレッジやACCE、AKAYといった様々な団体の
フェアトレード商品の販売をしています。
タンザニアのキリマンジャロコーヒーやフィリピンの雑貨、
パレスチナオリーブオイルなどなど、盛りだくさんです☆

土日はJITでフェアトレードカフェもしてます。

少し立ち止まって世界に思いをはせてみませんか?
レトロな画廊のゆっくりとした雰囲気をお楽しみ下さい♪♪

時間は11時から19時。(最終日は18時まで)
場所は御池通りを下ったところ。 
京阪三条駅から徒歩15分。
詳しくは→http://www.h2.dion.ne.jp/~garow/top.html

お時間のある方、ぜひお立ち寄り下さい^^
posted by とれぶりんか at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

栗本さんにお会いできました〜☆

小森です。

昨日、前回のホームルームでお話をしてくれた礒谷さんたち4人で、彦根駅から徒歩10分のところにある「NGO モニティー ペアさんの店」を訪ねました。
このお店は「カンボジア子どもの家」の子ども達やその村の人がつくった商品を売っているお店です。

*栗本英世さんのブログ*
ネットで友になる
〜カンボジアに来ませんか ? 長期短期ボランティア募集しています!!!〜


*特定非営利活動法人NGOモニティ*
カンボジアこどもの家


カンボジア子どもの家をつくった栗本さんは去年、脳腫瘍が見つかり、治療しながら大学の教授とこのお店を運営をしています。
ブレスレットや服、キーホルダーなど、かわいい商品がたくさんありましたょ☆
その売り上げはすべてカンボジア子どもの家に通う孤児の資金となります。

栗本さんはしゃべるのが大好きだそうで、3時間もカンボジアやフィリピン、
中国、栗本さんの夢、、ほんと色々お話してくれました。
どの言葉にも重みがあって、ただただ感動。。。
ひとつひとつ紹介したいところだけど、長くなるので今度聞いてください♪
栗本さんが書かれた「ボランティアは誰でもできる」という本、ほんとにおススメです♪
昨日はあらためて「本当の豊かさって何?」ということを考えさせられました。

とれぶりんかとLIPの紹介をしたら、モニティーのメンバーで一緒に
参加してみたいという人が出てきたらいいね、と言ってくれました。

そして☆このフェアトレードショップにLIPの設置許可をもらいました〜☆
「いい情報誌ですね、いいですょ」とすんなり。
さっそく5月号を置かしてもらってきました♪

長文ごめんなさい。
        ふうより 
posted by とれぶりんか at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

栗本さんに会いに行きます♪

またまた小森です。
前回のホームルームでカンボジア子どもの家のお話をしてもらったのですが、
そのカンボジア子どもの家をつくった代表の栗本さんにあさって日曜日、
彦根まで会いにいくことにしました☆
ホームルームでお話をしてくれた礒谷さんがアポをとってくれてます。
急やけど、もし一緒に行きたいという方がいましたら、小森までご連絡を♪
礒谷さん、児島さん、谷内さん(サークルの後輩)で行く予定です。

明日はくずは公民館の5月祭ですよね。私はくずは西小学校の
ふれあいフリースクエアに行くので参加できませんが、楽しんできて
下さい♪

それではー☆

>まーちゃん、お時間できたらぜひ遊びに来て下さい♪
おつかれさまです^^
posted by とれぶりんか at 23:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 平和国際交流部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする