2017年12月16日

前川喜平さんを囲んだ学習会の案内

井村です。

“知的障害者を普通高校へ北河内連絡会”で、
下記の学習会を開催します。

枚方まで来られるせっかくの機会なので、
ご紹介させていただきます。

---------------------------------------

前文部科学事務次官
前川喜平さんを囲んで学習会

◆テーマ 日本の障害児教育の今とこれから〜「ともに学び、ともに生きる」教育をみすえて〜
◆と き 2018年1月28日(日)午前10時〜午後1時
◆ところ 枚方公園青少年センター 3階ホール
京阪枚方公園駅下車、徒歩5分 車での来所はお控えください
〒573-0058 大阪府枚方市伊加賀東町6−8 050-7102-3145

◆参加費 500円(会場費・運営費など)
◆定 員 150名

◆内 容
私たちの国は、障害者基本法を改正し、障害者差別解消法を成立、施行し、
国連障害者の権利条約を批准して、「全ての国民が、障害の有無によって分け隔てられることなく、
相互に人格と個性を尊重し合いながら共生する社会を実現する」との目的を掲げました。


しかし昨年7月26日、相模原市の知的障害者160人が入所する津久井やまゆり園で、
46名の死傷者を出す惨劇が起こりました。
19名の尊い命が奪われたにもかかわらず被害者の氏名が公表されず、県は再度入所施設として建て替える意向を述べました。
犯人の植松聖は、獄中で今も「障害者はいなくなればいい」と言い続けていると聞きます。
ネットには、犯人を擁護する書き込みが溢れました。
学校教育を見れば、特別支援学校、特別支援学級の在籍児童生徒数は、以前よりも増えています。
障害者を排除しない学校や教室がなぜ広がらないのか。
障害のある子もない子も「ともに学び、ともに生きる」インクルーシブ教育がなぜ進まないのか。
いま私たちは何をしなければならないのか。
「日本の障害児教育の今とこれから」を、前川喜平さんを囲んで話し合いたいと思います。

◆進 行
(1)私たち“知的障害者を普通高校へ北河内連絡会”が課題としていること。
障害当事者と保護者から提案。
▼ 小学校就学時の問題
▼ 高校受験と入学後の現実と課題
▼ 高校卒業後の進路

(2)前川喜平さんのお話し

(3)前川さんを囲んでフリートーク

主催 “知的障害者を普通高校へ北河内連絡会”
ホームページ http://kitakawachi.main.jp/
---------------------------------

以上、どうぞよろしくお願いします。
posted by とれぶりんか at 22:06| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。