2017年05月20日

小冊子「少年期は 戦争中だった」枚方市在住鶴島昭雄さんの戦争体験 完成しました(^^♪

「少年期は 戦争中だった」枚方市在住 鶴島昭雄さんの戦争体験
完成しました(^^♪

A5判56ページ
無線綴じ手製本
頒価500円

地域密着型情報紙LIPに連載中の人気シリーズを、たくさんの方に読んでほしいと、完全手作り自家製本で小冊子化しました。

手に入れて読んでみたい方には500円でお分けします。材料費を除いた残りはLIPの発行資金として活用させていただきます。

手渡し等が可能な方は500円でどうぞ。郵送希望の方は、500円+180円で郵送させていただきます。ただし、手作りですので、注文をいただいてから発送までに、時間差が必要になる場合があります。あらかじめご了解ねがいます。

facebookのメッセンジャー、電子メール等で注文してください。

なお、明日、筆者の鶴島さんのお話を直接聞かせてもらえる企画が予定されているので紹介します。わたしも参加し、小冊子のお披露目をするつもりです。
===== ===== =====
交流会……少年期は、戦争中だった……
子ども達に伝えたい 戦争の本当の姿を
2017年5月21日(日)
10時〜15時 第1集会室
(鶴島さんのお話は13:00〜)
場所 くずは生涯学習センター
===== ===== =====
(本文 「はじめに」 より)
1930年(昭和5年)生まれの鶴島さん。少年時代、日本は日中戦争・第二次世界大戦へと突っ走っていた。現在、軍国少年だった自分を振り返りながら「洗脳の恐ろしさを痛感する」と語られている。鶴島さんの経験を、若い方々や子育て中の方々に少しでも伝えたい。そんな思いで、体験を書いていただきました。
posted by とれぶりんか at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部&出版部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック