2015年07月29日

『インクルーシブ教育の輝ける実例〜可能性のスナップショット〜』電子書籍になりました

とよたかです。

昨年度放課後クラブ「チャレンジ・キッズ」が翻訳発行した冊子
『インクルーシブ教育の輝ける実例〜可能性のスナップショット〜』、
紙版で170部発行したものは好評ですべてなくなり、インターネット
上に公開していましたが、このたび「とれぶりんか出版部」の協力を
得て、電子書籍化されました。

Amazonと、楽天ブックスに登録され、無料で入手いただけます。
電子書籍の流通はすごいのですね。既に、両サイトでたくさん「売れて」
いると聞いて、感心しております。

『インクルーシブ教育の輝ける実例〜可能性のスナップショット』は、
英国の学校や幼稚園等で行われているインクルーシブ教育の
取り組みを伝える冊子です。

子どもたちのいろいろな表情をとらえた写真がたくさん掲載されていて、
それを見ているだけで心が和みます。そして、困難の中でも解決の道を
探っていく、「インクルーシブな学校」のあきらめない取り組みが、感動を
呼びます。

障害を持つ子や、いじめ、多文化共生、困難な環境で支援の必要な家庭に
育つ子どもたち、そして、困難な子育てに苦しむ親たちに向けて、
「インクルーシブな学校」は、柔軟に果敢に、問題に取り組みます。

こんなことができるんだ! と読んでいて、元気の出る内容です。

メールのいちばん下に、URLを記します。ぜひ一度ご覧ください。

電子書籍の扱いが難しい方は、インターネット上でもご覧いただけます。
頁数が多いので、ディスプレイ上で読むのはしんどいと思われる方は、
プリントアウトして紙に出したものを読むと、いいかもしれません。

さて、実は、日本でも、言葉は違えども、こんな実践が特に大阪や東京
などの学校で、これまでにたくさん行われていたのです。

私の住んでいる町でも、「共にこのときを生きる仲間として」先生方が
体当たりで障害児教育を行ってこられたということを聞きます。そして、
それが各学校で受け継がれてきているのです。

そんなことも知らず、自閉症という障害を持つ上の子の就学時には、
養護学校を選んだ私たちですが、その後地域で誰にも知られず孤立
したというマイナスの経験から、地域の学校に転校することができました。

さて、この冊子を発行した英国のAlliance for Inclusive Education
(ALFIE)の発行した、若い障害者リーダー育成についての調査報告書
『変化を起こせ』も、インターネット上で読むことができます。

こちらは、調査報告書で、読みにくいところがあるのですが、
「若い」「障害者」「リーダー」という、これまでセットで並べられたことの
なかったテーマがはじめて一緒に考えられたという意味で、画期的な
内容のものです。

ご興味ある方でまだお読みでない方は、ぜひこちらもご覧くださいね。

『インクルーシブ教育の輝ける実例〜可能性のスナップショット〜』
 Amazon
   http://www.amazon.co.jp/dp/B012GKT962/
 楽天
   http://books.rakuten.co.jp/rk/ed431e17afec34cba7cebdddfa295b60/
 電子書籍ではない、インターネット上の公開

『変化を起こせ』
 インターネット上の公開
    http://love-dugong.net/c-k/e-Pushing_for_Change

冊子の発行団体から翻訳の許可を得た時に、「障害当事者や保護者など
誰でも欲しいと思うすべての人に届くよう、無料で、発行してください」という
ことをいわれました。

電子書籍になったことで、その約束を果たせたような気がしています。

冊子づくりと電書化を通して、とれぶりんか出版部のわたなべさんには、
大変世話になりました。深く感謝いたします。

『インクルーシブ教育の輝ける実例
〜可能性のスナップショット』のインターネット上の公開のURL
http://love-dugong.net/c-k/e-Snapshots_of_Possibility.pdf
posted by とれぶりんか at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部&出版部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/423230358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック