2006年12月28日

HOME

昨日
障害福祉2名
子ども福祉室2名
中央子ども家庭センター1名
保健センター2名
いきいきネット1名
地域包括支援センター1名事業所2社5名
その他2名
私含む
計17名で
約4時間のカンファレンスをした

私は
女性として
母として
地域で生きるものとして一歩ふみだした

なにを話したかは
覚えていない
行政の縦割りに私は苦しみ今も苦しんでいる
そう、現実今も、ヘルパー、サポーターはいない家にやんちゃざかりの息子と2人。
薬で神経を麻痺させ時間だけが過ぎるのをまっている。
私の現実は、発症した2年前から変わっていない
地域で生き、障がい、難病子育て中。
介護する側のしんどさも介護される側の苦しみも味わい悩みもがき続けている。 もっと苦しい人がいる!!と
お叱りを受けるかもしれない。 自分で自分を護る、子どもを護ることの出来ない、すべがわからない今の私は、どうすればいいのだろうか?

年末年始、子どもと向き合い、ただ時間が過ぎていくことしか出来ないものがここに、仲間に居るということを忘れないでほしい・・・。
重く考えているのではない、これが、とれぶりんかHOMEのありのままの姿なのだ・・・。
posted by とれぶりんか at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30456067

この記事へのトラックバック